薬剤師の求人と転職 - 良い薬剤師・悪い薬剤師

薬剤師転職│今求められている薬剤師の姿とは?

薬局に薬を処方してもらう時、薬剤師の態度はどうでしょうか。そのほとんどが患者さんを気遣い、様子を伺ってくれます。そうすると処方された薬に対して抱いていた疑問や不安も遠慮なく聞くことができますね。反対にマニュアル通りの対応をされると、なぜだか薬についての疑問などを聞きづらいと感じてしまいます。
保健師の転職で転勤のない職場で働く

良い薬剤師と悪い薬剤師がいるのだとしたら、良い薬剤師は自分に課せられた業務を淡々とこなすのではなく、患者に寄り添って接し、薬についての質問などを受け入れやすいように示してくれる薬剤師ではないでしょうか。

薬剤師は患者さんから診れば医師と同じように、少し親しみにくい存在に思います。ですから薬剤師の方が、具体的な症状や薬の効能などを丁寧に説明してくれたら、こちらも納得、安心できます。

さて薬剤師が薬の処方をするだけでなく、患者の状態を聞くのは処方箋に書かれた薬が患者にとって間違いのない処方や用量なのかを最終確認するためです。薬剤師の仕事は単に処方箋の通りに薬を出すだけではありません。処方箋の内容について、医師が処方した薬の意味を考えなければなりません。そのため、患者を良く見ようとするのです。

薬剤師には求められる倫理観があります。
それは薬剤師としての立場で、
 ・患者に愛情を持って接すること
 ・生涯、知識と技術を維持、もしくは向上のため積極的に勉強をすること
 ・自分のためだけでなく、先人からの教えを後進を育てるためにつかうこと
 ・薬剤師間で、互いに助け合うこと
 ・患者の情報を、理由なく洩らさないこと
このような薬剤師の理想が基準となっています。

では悪い薬剤師とはどのような基準でしょうか。それは倫理観とは正反対のことを行う薬剤師です。患者さんの情報を意味もなく外部に漏らすことは論外ですね。薬の説明をするとき、または質問を受けるとき、素人ではわからない専門用語を並べたてたり、業務的な冷たい口調で答えたりされると、患者も納得できなくてもそれ以上の質問を止めてしまうでしょう。

そして自分の体調を管理できないのは、薬剤師に限らず他の社員でももってのほかです。とはいえ、ほとんどの薬剤師が職務を全うしようと頑張っています。悪い、と分類される薬剤師はいないに等しいです。また薬剤師の方も、業務に専念するだけでなく、患者の状態もよく観察するようにすれば、よりよいサービス提供ができ経験値も上がることに繋がります。
北海道済生会小樽病院

薬剤師:私の転職(薬学部再入学からスタートして調剤薬局へ)

私の薬剤師歴はちょっと変わってます。元々、薬剤師志望ではなかったので、大学も理学部。卒業後は一般企業に入社し、社内恋愛の末、寿退社し、程なく妊娠して息子を出産しました。

専業主婦でも構わないと思っていたのですが、子供ができると十分な教育を受けさせてあげたいという思いにかられ、そのためには、一生涯の資格をいまのうちに取っておいたほうがいいのではないかと一念発起し、薬剤師の資格を取る事を決意しました。夫と両親の協力を得て、薬学部に再入学。頑張った甲斐あって薬剤師の免許を取ることができました。

只、息子が小学生高学年になるまではパート薬剤師で働く方がいいと思い、数年はパート薬剤師をしていました。そして、息子が小学5年生になると同時に正社員薬剤師への転職活動を始めました。年齢的なこともあり、転職活動は効率的にしたかったので、ネットでも評判の薬剤師専門の転職サイトを利用してみることにしました。

評判通り、求人情報も多く、何より専門コンサルタントが対応してくれるので助かりました。初めて相談するときには、全ての希望条件を伝えるのに躊躇しました。自分でも年齢の割りにスキル不足だということは感じていたからです。

でも、コンサルタントの方が「お気持ちにある希望条件は正直に仰ってくださいね。私もコンサルタントという立場で、仰った条件が厳しいようだったら正直に申し上げます。ですから、ご遠慮なくどんどん仰ってください」と言ってくださったので、思い切って要望を全て打ち明けました。

私の要望は、年収450万円以上で土日祝休みの調剤薬局でした。すると「その条件で探してみましょう。大丈夫です」と心強いお返事が‥。その言葉を聞いて私もモチベーションがあがり、それで面接も上手くいったんだと思います。

それから、私の条件をクリアする求人案件をいくつか紹介してもらい、その中から私が志望したのは、充実した研修制度を設けている調剤薬局でした。ここなら、働きながら更にステップアップできると考えたからです。

志望した職場に正社員の薬剤師として働くことができた上に、年収は希望額の50万円アップの500万円です。きっと個人で探していては、こんな好条件の職場に就職することはできなかったと思います。

薬剤師転職はいつ行うのがベスト?

現在薬剤師として働いているものの、転職について検討しているという方もいるでしょう。 ですが、転職を検討してすぐに辞めるのが最適なタイミングとは言えません。 一般的に、ボーナスを受け取った後の8月や1月に退職をする方が多いのですが、薬剤師の場合どのタイミングで転職をするとデメリットが少なくなるのでしょうか。

転職をするということは、今の職場をやめて他の職場に移るということですよね。 そのためには、新たに求人情報を探さなければなりません。

欲しい、求人情報の数というのは1年の中でもかなり変動があるのです。 自分にとって理想的な職場を探すためには、できるだけ求人情報が多く出回っているタイミングをねらって転職をしましょう。

おすすめなのは10月ころです。 なぜこの時期に求人情報が多くなるのかというと、年度の中間であるという事が大きく関係しています。

また、この時期に出る求人は新たな人材を獲得するために研修に力を入れているものも多いため、研修制度が整っている職場を探しているという方にとっても最適な時期だといえるでしょう。

ただ、この時期になってから求人情報を探し始めたとしても遅いかもしれません。 本格的に転職活動をしようと思っている方はそれよりも少し早い時期から転職支援サイトに登録するなどして準備をしているので、9月中には転職支援サイトへの登録を済ませ、情報を集めていきたいですね。

好条件の求人などはすぐに応募が殺到する傾向にあり、スピードも大切になってきます。 だからといって、焦って応募をしてしまうと自分にとって合わない職場を選択してしまう可能性もあるため、十分に注意しておきましょう。

慎重に自分にとって最適な職場を選ぶ方法として、転職支援サイトを利用する方法がおすすめです。 これはインターネット上から無料で登録ができ、最新の求人情報がチェックできるということもあり、今は多くの方がこのようなサービスを利用して転職を成功させています。

薬剤師専門の転職支援サイトであれば薬剤師求人を豊富に取り扱っているため、確認してみてくださいね。